【体験談】「どうでもいい事は大目にみる」が難しい。イライラしないで流すのが正解かもしれない

 



 

どうでもいい事は大目に見る。

この言葉をある本で見かけました。どうでもいい事は大目に見るようにしなさい。

そして続けて、

物事は大目に見るようにしなさい。あなたは何ら害を及ぼさないような態度や言動については、とやかく言わない事だ。見ていてイライラするかもしれないが、そのような事について、何か言わなければならないなどと思ってはいない。ただ肩をちょっとすくめて忘れてしまう事である。

この本に書いてありました。

 

この言葉を聞いてコガネムシはこれって難しい事だよなーって思った。

例えばの話、たしかに誰かもわからない他人に少し嫌がらせをされたとしよう。

まあべつにいいやと流すのが正解。でもそこで

コガネムシ
ウザァ何だこいつ。

と思う。誰もが思う。そしてその場は流して大目に見るのが正解だと分かっていて無視をしたが、その後ずっとイライラ、モヤモヤして生活するのはなんかウザいよね。

まぁ次の日になれば忘れてしまうからいいのだが、1日のモヤモヤで仕事に集中ができないのはその嫌がらせをしてきたヤツに自分を害されたという事になりこっちは我慢している状態になる。

 

こんな体験をコガネムシはした覚えがある。

大学の授業で教室に入ったら席がほぼなかった。しかしよく探したら何個か空いていた。

コガネムシはその一つの席に座り、筆記用具などを出して授業を始まるのを待っていた。

そしたら事件は起こった。

オオカミ君
おい。そこ俺が座ってた席なんだけど

あたかも頭が悪そうな顔で、何故か喧嘩腰で言ってきた。

コガネムシ
え?あ、ごめんなさい!

席を譲ろうとした。

しかしよく考えたら、コガネムシが席を見つけて座った時はその机には何も置いてなく、ここの席を取っている状態ではなかった。

普通ならバックなどを置いて席を取って置くのが普通である。

コガネムシ
ってかこの席何も置いてなかったけど本当かよ?

と言った。

するとあたかも頭が悪そうなガキがキモい声でこう言った。

オオカミ君
ここ俺座ってたよな~?

周りにいた野球部軍団に聞いていた。

うわこいつこの野球部軍団の一員か~と思いつつも、コガネムシは「もうめんどくさこいつ怠いわ」と思ったので、席を譲ったのだが、

 

 

クソイラついた!!!

 

 

 

野球部軍団も少し笑いながら見てるし、野球部軍団もそいつが友達なら「そこ座る人います!」とか言えばいいだろハゲ!

この記事を書いている時も思い出してイライラしているくらいだ。

この時の行動は正解なのかどーなのかって事です。

  • 我慢してイライラしながら生活するのが正解なのか
  • 「うるせえ!何も置いてなかったのが悪いんだよ!譲らねえよ!」と譲らずスッキリしてその後生活するのが正解なのか

この本が正しいとすれば私はイライラして生活を送り、イライラするのが治るまで我慢しなければいけません。

でもここでの正解はおそらく席を譲らなかった時にイライラしないで席を譲る事が正解だと思います。

コガネムシ
こいつはガキなんだ!頭が悪いんだ!よし、ここで大人になって譲ってあげよう!

みたいな?

でもこれって結構難しいですよね。

そういうことがあっても別にイライラしないような考え方を持つ必要があるなと思った次第であります。

コガネムシ
見てくれて有難うございます!Twitterフォローよろしく御願いします!