ミニマリストだがモノが減らない?【昔に比べるとモノはあまり減っていない話】

 



 

ども。ミニマリスト大学生のコガネムシです。

先日このようなツイートをしました。

このツイートについて少し深掘りして、さらに

昔に比べるとモノはあまり減っていない話について話していきたいと思います。

昔に比べるとモノはあまり減っていない話

コガネムシはミニマリストになってから(2018年の2月頃)モノが無くなるのは早くて一ヶ月くらいしたらほとんどモノは無くなっていました。

それから今現在になるまで毎日断捨離する事のできるモノを探し続けて徐々にモノが少なくなていきました。

しかし最近になって捨てるものがもう無くなりました。

結論:モノが増えてもいないし減ってもいない

それが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが、モノを減らし続けてたらいつか無くなりますもんね。

ミニマリストの形が決まってきた

もう手放すものが無くなってきて自分にとってのミニマリストの形が決まってきました。

基本的な大きな大前提としては「自分にとって必要なものだけ残す」というのは変わりませんが、

筆者のコガネムシの場合はアウトドアの商品などの趣味で使用するものについては、ミニマリストという考え方を捨てて購入していると気づいて、それはそれで良いのかなと思っています。

コガネムシの趣味のモノは例えば以下のものがあります。

  • 釣り道具
  • アウトドア道具
  • ライブのシャツ
  • サッカー用品
趣味のモノをミニマムな考え方にすると→趣味を楽しめない→幸せになれない

幸せになれないとなるとミニマリストをやっている事が意味がなくなってしまうので、趣味のモノに関しては感情に任せて楽しみたいと思います。

コガネムシ
この前もどでかいクーラーボックスを買ってしまいました。

ミニマリストのモノの対象は?

コガネムシのミニマリズムの対象は以下の二つです。

  • 生活用品
  • 人間関係
コガネムシ
まあだから趣味以外の所ですよね。

結論:自分が幸せなのか?楽しんでいるのか?が重要

要するにミニマリストの考え方って幸せになる為の考え方です。

ミニマリストの最終目標:幸せになる

なのでそこで我慢してミニマリストの考え方になるのは間違っています。

ミニマリストの考え方は正解はありません。自分が決めて事が正解です。

コガネムシ
だって自分にとって必要か必要ではないかは自分しか分からないじゃないですか?

だから他人が決めるのは違います。

あなたもミニマリストの考え方を取り入れるところだけ取り入れて自分の人生を幸せにして下さい!

コガネムシ
見てくれて有難うございます!Twitterフォローよろしく御願いします!